2020年12月最終週に横浜の赤レンガパークでアジのサビキ釣りをしてきました

12月末の赤レンガパーク

明けましておめでとうございます!
今年も実体験ベースで価値ある情報を提供できるよう精進しますので
引き続きDOBOKUNO.BLOGを宜しくお願いします!

さて、本日の記事は2020年の釣果情報となります。

年明けまであと数日という時に赤レンガ倉庫で釣りをしてきました。

秋以降ずっとアジを狙って釣りをしてきましたが、
12月に入ってからは海釣り公園以外でなかなか成果が出せず大苦戦。

しかも前回釣りに行った大黒海釣り施設ではアジはオールバラシ!
(針のサイズが小さくて突っ込まれると口が切れてしまったため)

ということで、
2020年の釣り納めは大潮の夜中にかけてトリックサビキで勝負です。

アングラーズの釣果情報でもみなとみらいでアジの釣果はイマイチ
という感じだったので実際どうなのか知りたい方はぜひご覧下さい。

目次

みなとみらいエリアで12月のアジ釣りは難しいのか?

結論から言うと、夜釣りでは全く反応はありませんでした。

僕が赤レンガ倉庫に現地に到着したのが3時過ぎ。
そこから強風の中で夜明けまで粘るもノーフィッシュ。

イワシさえ釣れなかったので、マヅメ以外は難しいようです。

夜明け前にすぐ隣におじさんが現れ、
しばらくお互い無言で釣りをしていたのですが、

6時頃ついにおじさんがアジを釣り上げ…

おっちゃん

時合がきたね。
30分くらいはアジが釣れるかもよ。

と教えてくれたので俄然やる気に!

降り始めた雨でアジの活性が上がったのか群れがきたのか、

3時間まったくアタリがなかった竿についに反応が!

雨の朝マヅメに赤レンガでアジが連発

夜明け後は6時~7時の間にアジのアタリが連発し、

1時間ほどでトータル8匹釣り上げることができました。

赤レンガパークで釣れたアジ

サイズは10センチ前半から後半といった感じで、
小型から中型の群れが回ってきていたようです。

夜中から風は強かったのですが気温は13度くらいあって
雨でもそこまで極寒ではなかったのが救いでした。

アジをゲットした仕掛けと釣り方は?

この日の仕掛はトリックサビキでした。

かごサビキの仕掛けも出していましたが、そちらは無反応。

トリックサビキは4号の針が6本ついたもので、
餌は愛用しているアミ姫にアジパワーを混ぜたものを使用。

気になる釣り方ですが、5メートルほどの磯竿で足元に落とし
底を取ってから糸フケを取ってあとは放置。

しばらくするとグググッとアタリがくるという展開でした。

日が出てから効果があったのかは不明ですが、
仕掛けの一番上にアジホタルという発光体をつけてました。

まとめ

正直11月以降は海釣り施設以外での釣果が厳しかったので

アジの数釣りができるとは思っていませんでした。

今回で感じたことは、

・プレッシャーが低い状態でも群れがいない時間は釣れない
・長時間よりも朝マヅメなどの時合に短時間釣行がオススメ

時合を見極めて複数同時に竿が出せればツ抜けも狙えそうです。

コロナの影響もあってか夜中は釣り人はほぼゼロでしたので
混み合うふれーゆや東扇島西公園よりは釣りはしやすいかな

という感じなのですが、

前にも書きましたがみなとみらいエリアは駐車場がバカ高い!

3時~8時前までの釣行で駐車場代がなんと3000円だったので、
仕掛けとエサ代も合わせると結構な出費です。

今後は上限料金がある駐車場を探して紹介したいと思います。

引き続き横浜エリアで釣りをして発信していきますので、
ぜひ2021年も宜しくお願い到します。

12月末の赤レンガパーク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる