横浜から打木屋さんの釣り船に乗ってLTアジ釣りをしてきました

横浜釣り船でアジ釣り
むすこ

パパ…最近アジ釣れないね…
僕また骨せんべいが食べたい

しゃん

すまんな…息子よ…
サビキが厳しくなってきて
アジングもまだ下手なのだ

11月も後半になると横浜みなとみらいエリアでのサビキ釣りでも
アジが釣れづらくなってきました。

そこで先日ふれーゆ裏でアジングに初挑戦しましたが

結果は数時間やってボウズ…

状況を打開するため僕はアジの釣り船に乗ることを決意しました!

目次

昼から出港の船でアジ釣りへ

打木屋さん

今回利用させて頂いたのは打木屋釣船店さま。

元町・中華街駅から徒歩数分で到着しました。

今回はしゃんの友人りょう君も参戦!
りょう君も船での釣りは今回が初挑戦です。

とりあえずしゃんは船酔いするか不明だったので、
アネロンという乗り物酔い対策の薬を服用。

釣船って朝が早いってイメージでしたが、
昼の12時集合だったので前日仕事でも安心でした。

出船30分前には受付を済ませ、
無料でもらえる氷をクーラーボックスに入れ船へ!

先着順で好きな場所に座れます

アジ釣り船に乗船

座席の指定はないので、先着順で好きな場所を確保。

船長さんに挨拶をしにいって
500円で借りた貸竿と餌を入れるカゴを受け取る。

出船までに仕掛けをつないでおくと
移動後すぐに釣りができるのでオススメです。

仕掛けの端にはスナップがついているので、
結び方を知らない釣り初心者の方でも安心ですよ。

いざ!アジ釣りのポイントへ

船でのアジ釣り
アジを誘うりょう君

移動中は水しぶきがかかるので、水を弾く素材の服や
コンビニや百均などにある全身用の雨合羽などが便利。

この日は風が強かったので、かなり水を浴びましたが
気温が20度近かったので寒くはありませんでした!

これからの時期は防寒と防水の対策は必須ですね。

船からのアジの釣り方は?

仕掛けは思っていたよりもシンプルで、
PEの道糸に天秤とビシオモリをつけてハリスをセット

針が2本ついているので、こちらに赤タンをつけます。

赤タンは(イカを細かく切って赤く染めたもの)です。
使ったことがなかったので福神漬けかと思いました。笑

まずはこの仕掛を底まで落として、
2mほど巻き上げてから1回大きくしゃくってあげます。

更に1mほど巻いてあとはアジのアタリを待つだけです。

ここは動画で撮影したので、
後日YouTubeにアップしてこちらにも掲載しておきます。

船でのアジ釣りの結果は!?

クーラーボックスに入ったアジ

12時30分に出港してから16時まで釣りをした結果、
大小19匹のアジを釣ることができました!

最大で24cmとオカッパリよりグッドサイズをゲット!

一度アジのいるタナがわかればあとは誘うだけです!

隣との間隔が狭いとオマツリが発生しがちなので
いかにライントラブル等の時間を減らせるかがコツ!

ポイントとしては大黒ふ頭海釣り公園の沖や
大黒ふ頭西緑地の沖がメインといった感じでした。

オカッパリで釣るときの勉強にもなりますね。

ちなみに道具も全部借りて料金は6700円でした!

みなとみらいの駐車場+仕掛け+餌のコストが
大体1回で2000円~3000円と考えると、

オカッパリ2~3回のコストで船に1回乗れるんです。

釣れる数では船が圧倒的な結果だったので、

今後確実にアジを釣りたい、食べたいというときは
積極的に船に乗って釣りをしたいと思います。

打木屋さん有難うございました!また参加します!

横浜釣り船でアジ釣り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる